新着記事

2005年09月24日

『アマニタ・パンセリナ』

中島らもが亡くなって1年が過ぎた。この本の題名は、幻覚を起こす毒キノコ『ベニテングタケ』の学名。
睡眠薬、大麻、シンナー、LSD、幻覚サボテン……古今東西の文献に彼自身の体験を交え、淀川の水を思わせる青緑の湿っぽさとユーモアを帯びた叙情的な文章でつづられたドラッグ・エッセイ。

この本にひかれたのは目次に『咳止めシロップ』『ステロイド及び血液』とあったからだ。
喘息の私は、咳止めシロップとステロイド剤を常用していて、この薬なしでは生活できない。

なぜ、人はドラッグにひかれるのか?
彼は「それが気持ちいいからだ」と答えている。

ブロンを飲んで「よし。効いてきた。息が楽だ」と言って、バリバリ働いたりする私は、薬物依存でも、ジャンキー失格らしい。読んでいて悲しくなった。

『ジャンキーが、あるいは幻覚を必要とする人間が、それを承知で受け入れる分には、どんなドラッグもいやしいものではありえない。加えて言えば、ドラッグとは、シャブも含めて、ただの物質である。ただの物質に貴い物質もいやしい物質もない。個人、及び社会との関係がドラッグの性格を決めるだけだ』……これが、彼の立場だった。

この本が出版されたのが1995年。
10年後の今は、ドラッグがインターネットや繁華街の密売人を通じて、簡単に手に入るようになり、女子高生がダイエット用に乱用したり、元国会議員が覚せい剤所持で逮捕されたり……がさつで単純な時代になった。

その後、彼は、バンドを結成したり、長年の無茶な生活がたたって体を壊したり、大麻所持で逮捕拘留されるなど、70年代の破滅型ロックンローラーを地でいくような生活を送り、2004年7月27日、階段から落ちて脳挫傷で死んだ。
享年52歳。あっけない死だった。


『アマニタ・パンセリナ』 中島らも 著 集英社文庫
posted by ゆか at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本読みコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7258069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック