新着記事

2008年01月22日

呼吸の謎(後編) 呼吸と気合い

私に合気道を勧めた夫は、真面目な口調で言いました。

 
「合気道は、ほかの武道より、健康法をようけ採り入れとるからな」

確かに、「合気道の稽古前に行なわれる柔軟体操には、『真向法(血行をよくし、新陳代謝を高める健康法)』の動きが組み込まれています」と、師範はおっしゃいました。

元々、合気道は、開祖植芝盛平翁が、病弱な体を健康にしようと、柔術を学んだことからはじまり、開祖ご自身も80代半ば、お亡くなりになる直前まで、現役の武道家としてご活躍されていました。

「それに、お前は、肺活量が人より少ないんやから、気合い出す武道は無理やねん。空手も剣道もそうやけど、息深く吸って、丹田にためて、気合いと一緒に、思いっきり出す武道はできへん」
「……そりゃ、まあ、そうかもしれんけど」
「合気道は、そのへんが、ほかの武道とは違うんや」

夫はいたずらっぽく笑いました。 

そういえば、最近、加入したmixiのコミュニティ(掲示板のようなもの)『段 持ってます』。
空手、柔道、剣道、合気道、少林寺拳法、剣術、杖道、弓道などの武道をはじめ、書道、硬筆、囲碁、将棋、算盤、電卓、暗算、麻雀、けん玉、百人一首など、あらゆる分野の有段者が集まり、和やかに交流している不思議なコミュニティなのですが……。

現在、盛り上がっているトピック(話題)の一つに、『気合いの出し方』があります。剣道の「ヤーッ!」、空手の「セイッ!」、柔道の「っしゃぁっ!」、居合の「エイッ!」薙刀の「ハッ!」、杖道の「ホ!」……さまざまな気合いが紹介されていて、大変興味深い。

古流武術竹内流の有段者は、気合いの効用を「自らを奮い立たせたり、相手を威嚇したりするなど」と書き込んでいますが……。

よく考えると、合気道で、気合いを出して、自らを奮い立たせたり、相手を威嚇したり……してないなあ。
このトピックの書き込みの中にも『合気道の気合いは○○です』というのはありません。

「確かに、合気道で受け(技をかけられる方)が「エイッ!」とか、気合いを出すことあっても、取り(技をかける方)は黙ったままやわ。師範は、「取りは、受けの気を吸い込んで自分の中に収めて和合し、受けを制するように」とおっしゃるけど……なかなか、その領域には届きそうにないね」

「剣道なんかは、気合いと大声さんとあかんねんけど。合気道は、ほかの武道と息の使い方が違うからな。気合いと一緒にガッと出さんと、ゆっくり、細く長く息を吐きながら動く。息をガッと出すより、細く長く息吐けたら、喘息が、ちょっとラクになるやろ」
「そりゃ、合気道をはじめる前より、喘息は出にくくなってるけど。……激しい稽古した晩とか、寒冷前線が来た時は、やっぱりしんどいわ」

夫は穏やかな表情で言いました。

「どの武道も、丹田呼吸法が基本やけど、動きが違うから、それぞれの丹田呼吸法があるねん。例えば、空手なんかは、瞬発力や持久力高めるために、サンチン立ち(空手の型、やや膝を落として内股で足をハの字型に構える)から丹田呼吸法するわけや」
「合気道には、座技呼吸法(二人一組で向かい合って正座。受けが取りの両手首をつかみ、取りが深く息を吐きながら、取られた手を押し広げ、受けを倒す技)があるしね」

「もし、お前が健康やったら、俺は、文句なく空手を勧めとるところやが。強情で執念深い性格やし、自己防御本能(私の判断とは別に動く体の意思)鋭いし、観の目(『心眼(前編)』参照)開いとるし。……ええ空手家になっとったやろうに」

一瞬、遠い目をした夫。私は明るい調子で言いました。

「でも、最近、丹田呼吸法のことを抜きにしても、合気道も面白くなってきたし。まだまだわからんことも多いから、もっと勉強せんといかんと思うねん。とりあえず、一技一呼吸が目標やね」

これまで、丹田呼吸法習得のスタートラインとされていた「合気道初段合格」を目標に努力してきました。
が、その目標の初段を取った後……さて、どうやって丹田呼吸法を習得すればいいのか……。

ちょっと途方に暮れていた時だったので、私の合気道観を、根底から覆す疑問を投げかけてきた弟には、本当に感謝しています。

一つの技を一呼吸でかけること……取りの時は、一技一呼吸ができるのですが、受けになると、どうしても一技二呼吸に。
取りの時も、無理に一呼吸で動こうとするために、合気道らしさに欠ける、早く荒っぽい動きになってしまっていますし。
まだまだ修行が足りません。

まずは、ゆっくりと一技一呼吸、これが当面の目標です。
タグ:武道 合気道
posted by ゆか at 13:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 武道系コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして 吟遊詩人と申します

ventusというコトバから
こちらに辿り着きました

合気道
かつて 太極拳を習っていました
丹田とか 呼吸とか
なんだか 懐かしいです。。

火の射手座だけれど
風という属性に魅かれる気持ち
なんとなく共感できます
わたしも 同じ射手座ですから

また ゆっくりお邪魔します☆
Posted by 吟遊詩人 at 2008年01月23日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80053703
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング