新着記事

2008年05月20日

筆圧矯正文具?

現在、mixiの『文房具』コミュニティ(掲示板のようなもの)で盛り上がっているトピック(話題)の一つに、「筆圧」があります。
筆圧の強弱は、深刻な人にとっては深刻な問題。
『筆圧が高い(強い)』『筆圧が弱いの。』という筆圧専門のコミュニティまであって、筆圧の高い人々、筆圧の弱い人々が集まって、使いやすい筆記具について情報交換しています。

さて、『文房具』コミュニティに書き込まれた「筆圧が高いので、ペンだこが痛くなって困っています。疲れにくい筆記具はないでしょうか?」という質問に対し、さまざまな人がアドバイスをしているのですが……

「インクの出がいいハイブリット系のペン、パイロットHI−TECHシリーズの、ペン先太めがよろしいのでは?」
「人間工学に基づいて設計されたドクターグリップや、α−gelをグリップに採用したシャープペン。直径13ミリぐらいでは?」
「シャープペンの芯なら、三菱のHi−UNIは粘りがあって折れにくい」
「中指にかかる力を分散するぺんてる・エルゴノミックススタンダード」
「過度に筆圧がかかるのを防ぐ、ショックアブソーバーつき、BICのリアクション」
「ペンだこ対策に、軸が全面スポンジ製のゼブラ・ニューモティ」

……なるほど。皆さん工夫されていますねえ。

私は筆圧が高い上に不安定。
力余って紙に穴を開けたり、ペン習字用のペン先を割ったりする「文具クラッシャー」。

結局、愛用するのは、筆圧の不安定さに影響されにくい筆記具。
パイロットの油性ボールペン・CAVALIERと、三菱UNI硬筆書写用6B鉛筆(『Gマーク鉛筆とJマーク鉛筆』参照)だったりするのですが……。

実は、このトピックに驚くべき書き込みがあるのです。

「強い筆圧は腱鞘炎の元なので、弱い筆圧で書けるように練習した方がよいのでは」

同じ主張をされる方が何人かおられて、おすすめの筆記具は……万年筆。

うわっ! 万年筆かっ!

万年筆……高級品になると車1台と同じぐらいの値段がする、こだわりの筆記具。
とがったペン先を見るたびに、小学校時代の書道の授業の悪夢が蘇ります。

『手の重さ、ペンの重さで書くだけで、実は充分な筆圧が得られます。最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、慣れればきっと快適になりますよ』

……うーむ。まあ、そうかもしれんけど。
強い筆圧に合わせた筆記具を探すのではなく、筆圧そのものを矯正する……思わぬ逆転の発想。

よく考えてみると、私は万年筆のことを、ほとんど知らない。

ちょうど図書館に『趣味の文具箱Vol.5 万年筆・ボールペン・シャープペン「最高の1本」を選ぶ・使う・遊ぶ』(エイ出版)があったので、さっそく借りてきました。

まず、ペン選びのチェックポイントから。
「さまざまな書き味が楽しめる万年筆」
「しっかり書け、インクの耐久性に優れたボールペン」
「軽い書き味で使う人を選ばないローラーボール(水性ボールペン)」
「機動力があり誰にもなじみ深いシャープペンシル」

……そうなんだ。
今まで、筆記具の特徴は、あまり考えてなかったな。

「どのブランドにするか?」「予算」……うーむ。悩むところですよね。

「用途別に選ぶ」……手帳リフィルの細罫に極細字用。
画数の多い字のための細字用。
6.5〜8ミリの普通罫レポート用紙に中字用。
太罫や無地の紙に太字用。
……なるほど。

「ペンのバランス」……ペンの「太さ」「長さ」「重さ」「重心の位置」で決まる握り心地のこと。
ペンの後ろを持って筆圧をかけずに書く人は、後ろに重心がある太軸。
ペンの前を持って書く筆圧の高い人は細軸。
……この「握り心地」には、我ながらうるさい方で、現在使っているボールペンは、やや前よりに重心がある細軸のもの。

その他、万年筆・ボールペン・シャープペンの仕組みの図解や、万年筆のペン先の製造法の紹介。
万年筆のインク選びや万年筆を使うのが楽しくなる上質の紙選び。
ペン先の改造やヴィンテージもの……万年筆は意外と楽しいものかも。

……と思っていたら……

『基本的な作法とお手入れ』……「ペン先」「胴軸」「キャップ」のパーツ別の注意。

「ペン先を机の端に置かない。キャップなしで置かない。万年筆を持った手を大きく振らない。書くとペン先が摩滅して書き癖がつくので、お店や他人の万年筆を勝手に使わない。常に自分の書き癖を研究する。できるだけ良質の紙を使う。水を入れたコップを横に置き、時々ペン先を水につけるとインクの出がよくなって書きやすい」。

「胴軸保護のため、ペンケースに入れる。3ヶ月に一度ペン先と胴軸を水かぬるま湯につけて内部の掃除。軸はシリコンクロスやセーム皮などで定期的に磨く」。

「キャップの開閉時は力を入れすぎない。内部は綿棒などで清潔に。筆記する時は、必ずキャップを万年筆のお尻につける」。

……ああ、しんど。

これでは「指、手、肩の力を抜いてリラックス。とにかく使い続けてみること」と言われてもですねえ……。

主要万年筆メーカー各社の商品の紹介もあります。
モンブラン、デュポン、ペリカン、ファーバーカステル、シェーファー、クロス、ウォーターマン、ラミー、セーラー……。
素材も多様で、ペン先は18金にプラチナメッキ、14金、ステンレスなど。
ペン軸は樹脂、プレキシグラス、木材、津軽塗り、銀などなど……。

多彩ですが、他の文具より「0」が一桁多いので、気軽に選ぶのは難しそう。
しかも、専門店に修理・調整に出している最中のことを考えると、「文具クラッシャー」の私の場合、同じ万年筆が2本以上必要になりますし。

1883年、アメリカのルイス・エドソン・ウォーターマンが発明した万年筆。
夏目漱石、北原白秋などの文豪たちに愛され続けた「知性と権威」の象徴のような筆記具。

『万年筆は自由な道具だ。規則も約束ごともない。使いたいときに、思ったように自由に使える。』

『趣味の文具箱』にはそう書いてありますが……。

方眼罫のレポート用紙に6B鉛筆で、罫線なんか無視して、手を真っ黒にしながら好き勝手に殴り書きしている野蛮な私には、万年筆の世界には、恐ろしく透明度の高いガラスでできた『万年筆道』のようなものがあるような気がしてなりません。
タグ:万年筆
posted by ゆか at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常コラム | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97354793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村ランキング
こちらには『ventus』で書かれている内容と同じ分野のブログがたくさんあります。
もし、よろしければご覧ください。

武術・武道ブログランキング

ステーショナリー雑貨ブログランキング